ITmediaFX iPadアプリ

嵐を呼ぶ長男帰郷中(8月17日)

今週も、週末まで凸☆活動を縮小しますお許しください。

台風11号と共に嵐を呼ぶ長男が茨城に帰って来ました。
昨日も千葉の友達と会う約束とのことで、常磐線で南下したところ、激しい雷雨に見舞われたらしいです。
そう言えば、一昨年も、卵大の雹の降る中をクルマを走らせて帰って行ったっけ・・・・・。
彼が帰ってくると、結構大変な出来事が起こるんです。3.11の時もコチラに来ている時でした。今回も彼の帰郷とともに、地震の回数も増えてますよぉ〜(震度の発表は無いのですが、確かにドスン、グラグラ。強震モニタでは黄色になってます)
私のカウンセリングの方ですが、
いよいよ本題に入って来た様で、「共に立ち向かいましょう」的なお話になって参りました。問題点の洗い出しをするように言われましたが、何となくまとまりません。次回のカウンセリングの時に、何を言われるのかもチョッと不安です。
少しでも前へ 進めるといいのだけれどなぁ〜

しばらく、ポチ・キラ縮小します(8月10日)

2度目のカウンセリングに行ってきました。

いろいろと聞き取りされて、・・・
寝床にPCを持ち込まないことを進められました。
しばらくの間、寝床でのポチ・キラをお休みします。
っとなると、チョッとの時間しかなくなる訳ですので、
活動を超縮小することになります。
良い傾向が出てくれば、再開??

ちょっとだけでも前へ(7月27日)

一年ぶりに書きます。
まっちんの現状報告・・・・
長男坊は、どうしても教員になりたいとのことで、
大学院に通い始めました。(仕送りが大変です)
次男坊はこの春、進級でき、一安心だったのですが、
期末試験で単位を落としそうだと言って、現在、お勉強中です。
安心して夏休みに入ってほしいものです。
私ですが、・・・心がだいぶ疲れてしまいまして・・・・・
今日、心理カウンセリングを受けてきました!
第1日目は、聞き取りが主でしたが、これを基に
次回から、問題点のあぶり出しと、
対処方法についてのアドバイスを受けるらしいです。
緊張していた様で、たくさんお話したのに、
先生の声も顔も全く覚えていない自分に驚いています。
認知行動療法の導入ということで、
呼吸法の練習するよう、指導を受けてきました。
(のだと思うのです)
少しでも前へ、
今日がそのスタートとなることを祈りつつ・・・・。
また書きますね!(^・^)♪

ほんの一瞬って(8月12日)

 時の長さって不思議に感じませんか?例えば、トイレを我慢している時って、1分がすご〜く長く感じますよね。でも、一緒にいる他の人には、普通と同じ1分であって、テレビCM4個分の長さに変わりありません。「セシウム原子時計の・・・」なんてこじつけだと思うんです。

 さて、私が高校生だった頃、原チャリ乗るのに、ヘルメット装着の義務はありませんでした。しかし、私は、たとえ真夏の暑い日であっても、必ず被っていました。「あいつはバカじゃねぇ〜、この暑いのに!」って言われても。

 そんなある日、国道を原チャリで走っていたのですが、私を追い抜いた自動車が目の前に突然入り込んで停車したのです。「あっ!ぶつかる」と思ってからの1秒の長かった事。ゆっくりと、クラッチを操作し、ギアを落として、エンジンブレーキをかけつつ、フットブレーキを踏んで、前輪のハンドブレーキと・・・。ほんと、ゆっくりとその自動車に突っ込んだのです。バァ〜ン!っと音がした瞬間に私は思い切りハンドルに頭(おでこ)をぶつけました。相手自動車のバンパーに少しの傷、同じくMy原チャリは泥よけに少しのだけの傷、何より私は傷を負う事も無く現在に至っています。あの、コマ送りで進む時間、一瞬の長さの不思議をその後も何度か体験しています。皆様もそんな経験ありますよね!

お隣は偶然にも「S藤さん」(8月4日)

 先日、私の父が、水戸城下町の古地図が載っている本を持って来宅した。その地図には、城下に住む者が何処に住んでいるかが示されており、父が、「ここが、ご先祖様の家だ!」と指差すところには、たしかに私の名字が書かれていた。話には聞いていたが、ご先祖様が本当に武家だった事を確認できた。でも、それより「えぇ〜〜」と思ったことがある。お隣さんが「S藤さん」なのだ!私の家の南側に、後から家を建てて、わが家の日照を奪ったお宅の名字と同じではないか!あらぁ〜ご先祖さまも同じ思いをしていたりして・・・・。実は、私の実家のお隣も「S藤さん」で、実家とはあまり・・・。「S藤さん」とは、よほどの縁ががあるらしい。

腕時計(7月28日)

 最近の子は、腕時計を持たないらしい。長男坊の初めての腕時計は、高校入学祝いにじいちゃんから買って貰った物だった。でも、家に置きっ放しだったため、もったいない事に電池を交換しても動かなくなってしまった。何故腕時計をしない(つけない)のか?と聞いたら、携帯を持っているし、腕が重く感じるからつけないのだとか。彼と出掛けた時、ズボンのポケットをモゾモゾさせ、取り出した携帯を覗き込む様は、何となく滑稽に見えた。

 そんな彼が就職活動に入った今年、腕時計が欲しいと言い出したので、「なんで?」と聞くと、リクルートスーツとビジネスバッグ、腕時計は必須アイテムなんだとか。今度は、彼が腕時計を見る時の左腕の使い方が、何ともぎこちない。

 私の腕時計デビューは、とても切ない思いと同居している。あれは、小学2年生の頃、はじめて祖母の家に電車、バスを乗り継いで一人でお泊りに行った時に祖母に「時刻表とか時計を見る事が出来たんだねぇ〜。帰りは、これを使うといいよ〜。ご褒美にあげるから大事にしなさいねぇ〜。」と女物の腕時計を渡された。すごく嬉しくて、腕に付けては、針の動きを見て満足し、外して耳に当ててチクチク音を楽しんだ。その日の夕方、祖母と一緒に行きつけの八百屋さんに買い物に行ったのだが、待っているあいだにチクチクを聴こうと革バンドを外した瞬間、スルリと土間に落ちてしまった腕時計、その時刻で時が止まってしまった。「大事にしなさいね〜」が胸に響いて・・・大泣き・・・。
 最近の腕時計では、考えられない様な事ですよね!

酒屋に行って来た。(7月21日)

この一週間、茨城県北部は、肌寒くてビールって感じではない。

お酒でも飲んで、明日から始まる一週間を考え込まない様にしようと考え、大好きなバーボンウィスキーを買いに出掛けた。
「blanton's」にするかどうか迷ったが、結局量に負けてしまい、「old Fitzgerald's1849」と「ELIJAH CRAIG 12y」の2本を買って帰宅。さっそくグラスに氷を入れて、つまらない選挙速報を見ながら飲み出した。酔いが回って文章がまとまりませ〜ん。やっぱり「BOOKER'S」にすればよかったかなぁ〜。
ほんと、寒いです。

がんばれ長男坊!(7月13日)

今年大学4年になる息子が、昨日帰郷した。

明日(7月14日)実施される、県教員採用試験を受けるため、群馬県から5時間かけて帰って来た。ほんのチョット前(22年前かぁ〜)まで、私の膝の上で、寝ている小さな彼を見ていた様な気がする。その彼が競争率13倍の試験に挑むのだ。精一杯頑張っている人間に「頑張れ!」は禁物なので、「頑張れ!」を言わない様にしていたが、明日は「落ち着いて、頑張って来い!」と声を掛けて送りだす予定だ。これまでの試験でも、いつもそうしてきた。今回、いつもと違うのは、彼が試験終了後、帰宅せずに群馬に帰ってしまうので「どんな感じだった?」を聞けない事かな?
「ガンバレ息子!\(^o^)/〜〜受かってくれないと、オヤジの懐が益々干上がってしまうぞ!」(でも、そんなこと気にするなよ!) 

» 続きを読む

「よかった!」を数えることにしよう。

 だいぶ前のTVコマーシャルで、明石家さんまさんが「しあわせ〜ってなんだっけ・・」って言うのがありましたよね!「ポン酢醤油」があれば幸せだって。そんな人は居ないのかも知れませんが、そういう人がいるのかも知れません。人それぞれで基準が違うし、求めているものも違います。私まっちんの場合、家に帰って家族の顔を見て、お風呂に入り、寝る時間があれば幸せかな?もちろん、キラ・ポチが一杯溜まっている事は大変幸せ。「つぶやき」で励まされたり、ココログを拝見させて頂いて勇気をもらったり。「無事に帰宅できて良かったぁ〜」、仕事でトラブっても「この程度で収まってよかったぁ〜」、デリバリーのお弁当で「今日のおかず当たりぃ〜!」って・・・。明日も仕事に大きな山が3つあるのですが、きっと、「〜でなくてよかった!」って言えることを探そうと思います。

半世紀も前の出来事

 生きている、生かされているんだなぁ〜。そう言えば半世紀も前になってしまうけれど、3歳ぐらいの頃、私の家のまわりのあちこちで、道に水道管を埋める工事をやっていた。自分の家の近所にあった畑(今で言う家庭菜園:勝手に空き地を使用していた)に一人でトウモロコシを採りに出かけると、畑に行く道を跨いで越せるくらいの幅で水溜りが遮っていた。助走をつけてピョ〜んっと飛び越したと思った瞬間、足元が崩れ落ちて、水溜りの中にどぼ〜んと落ちたわけ。でも、その水溜りおそらく1.5m位の深さがあって3歳児には、立つ事も出来ない!ガブガブ泥水を飲んで「あ〜死ぬんだぁ〜」って思った瞬間、誰かが引きずり上げてくれたんですよ。で、助かった!と思って周りを見るとだ〜れも居ないの。ホント、けっこう広い道で、見通しも良い所なのに、周りに人が居ないの。ただただ怖くなって泣きながら家に帰ったんです。畑には行けなかったのに、トウモロコシを手に持ってね。きっと誰か居るのでしょう、私を守ってくれる方がね。今、書いていてもぞ〜っとしていますが・・・。「生きなさい」って言ってくれている様な気がします。

«マイナス思考から一歩離脱?

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ